イベント情報

在来工法による木造二階建てとロイヤルSSS構法

在来工法による木造2階建て

―平成24年10月17日(上棟)撮影―

東京都中野区で現在建築中の当社施工現場の上棟時の写真です。日本建築の昔からある在来軸組み工法で木造2階建てを建築しております。

在来工法でも現在は、金物を多く使い、地震にも強い建築となっております。また、見た目にも金物工法と大きな違いは感じられません。

ロイヤルSSS構法は材木の中に金物(ホゾパイプ)を入れて、断面欠損を防ぎ、在来工法の良さを残しながらも、耐震性能を高める最新の木造建築工法です。今回は出来るだけ低予算で建築したいというお客様のご希望がありましたので、在来工法での建築となりました。

在来工法による木造二階建て

在来工法による木造二階建て

<狭い道路でもクレーンがOK>

<狭い道路でもクレーンがOK>

 

<柱の上のホゾ(突起物)は在来工の特徴>

<柱の上のホゾ(突起物)は在来工法の特徴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在の在来工法は、下記写真のように多くの金物を使い、耐震性能を高めております。

在来工法とロイヤルSSS構法との違いについて、下記写真を使って簡単にご説明します。

<在来工法の梁>

<在来工法の梁>

<ロイヤルSSS構法の梁>

<ロイヤルSSS構法の梁>



                                                                                                                                                                                                                                                                         在来工法は梁の表側に補強の金物が見えます。ロイヤルSSS構法の梁は補強の金物(ホゾパイプ)が柱や梁の中に入っていますので、表側に金物が見えません。
<在来工法の梁と柱>

<在来工法の梁と柱>

<ロイヤルSSS構法の梁と柱>

<ロイヤルSSS構法の梁と柱>

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                       在来工法の躯体は補強金物が表に必要になります。ロイヤルSSS構法の躯体は金物が表に出ません。今流行りの『梁あらわし』も奇麗にできます。在来工法の弱点である接続部分の断面欠損を軽減することから、耐震性能もアップします。

ロイヤルSSS構法は、最新の木造建築工法です。従来からある工法に改良を加え、在来工法の長所を残しながらもSmart&Strong&Safety.を実現しました。

在来工法でも十分な耐震性能は確保できます。)

まずお問い合わせ下さい。お待ちしております。