イベント情報

坪いくらで建てられるの?

1.住宅建築の価格 読みづらい方はこちらへ

 私は建築会社に入社してまだ3年足らずですが、お客様とお話をする機会が最近増えてきまして、よく聞かれるのは『坪いくら位で建てられるの?』言う質問です。確かに坪あたりの価格からご自分の家の広さを掛けてご予算を考えられるのは、一般的なことかもしれません。しかし、建築会社から見るとその質問に答える事は大変難しい事がわかりました。その理由をいくつかお話しますと、

 

  1.  大きな家と小さな家を建てた場合、同様な仕様なら、普通大きな家の方が小さな家より坪あたりの建築価格は安くなります。
  2. なぜなら、キッチン、浴室、階段、玄関ドアなどの住宅設備関連は大きい家でも小さい家でもその数は普通同じです。 また、二世帯住宅や賃貸住宅は上記理由から坪あたりの価格は上ります。
  3.  建築価格には本体工事価格と付帯工事価格があり、コマーシャルで良く見る『坪何万円からの家』と言うのは、本体価格だけを指しています。また、安くみせる為に本体工事から出来るだけ付帯工事に項目を移して、本体工事価格を安くしていたりしています。
  4.  建て方によっても坪単価は変わります。1階、2階がほぼ同じ広さの家は、1階を大きくして2階を小さくした家よりも、坪単価は安くなります。
  5.  防火地域などの建築規制がある地域と建築規制が少ない地域では、仕様が大きく変わり、坪単価も大きく変わります。
  6. 2階建と3階建では、付帯工事も含めると坪単価は変わります。また、平屋1階建は安いように思いますが、屋根や基礎工事は同様に有り、坪単価では2階建より高くなることが多いです。
  7. 鉄骨造やRC造の場合などは、3階建と4階建以上では地盤補強工事などの基礎工事費用や諸費用が大きく変動します。

 

各建築会社は、標準仕様の本体工事なら、おおよその価格を答えられますが、付帯工事価格(地盤改良など)や諸費用は変動が大きく簡単にはお答えできません。   お客様が知りたいのは、総建築費用だと思いますので、実際にプランと概算見積りを依頼して、他にどのような諸費用が掛かるのかを確かめながら、ご予算を考えられるのが一番良い方法だと思います。坪単価を聞いてもあまり意味がないと思います。

 

プランと概算見積の提案を受けましたら、まずそれを基に資金計画を考えてみてください。自己資金、住宅ローン、家族からの資金などを考えながら、総予算を建築会社にハッキリ伝える事が大事です。私は元銀行の融資担当でしたので、弊社なら当たり前ですが、資金計画のご相談にも他の建築会社でも応じてくれると思います。

私どもの場合は、お客様の総予算とご要望を考慮しながら、ご予算に合うような建築が出来ないか検討し、再提案します。ご予算に合わせてご要望を削るようなことが有る場合は、お客様のご要望に優先順位を付けて頂いて、優先順位の高いものから建築予算を振り付けていき、再提案させて頂いております。

 

ではどのような住宅建築が、

同じ品質、仕様なら一番安く建築できるのでしょうか?

 

付帯工事価格を含めた総建築費用を広さあたりの価格、坪単価で比較し考えてみました。あくまでも参考程度にお聞きください。

 

  1. 一般住宅の建築なら木造は2階建て鉄骨や鉄筋コンクリート(RC造)建築なら3階建てが、坪単価では一番安いように思います。(防火地域等の建築規制が有ると、木造建築を選択できない場合もあります。)
  2.  もちろん、木造と鉄骨造との価格差は大きいです。鉄骨造とRC造の価格差は本体工事価格だけなら小さいですが、付帯工事価格に差が出ます。
  3. 建物の広さに対して、出来るだけ基礎工事や屋根の面積を小さくする。つまり各階の広さを出来るだけ同じ面積にする。
  4.  敷地に余裕があるのなら、出来るだけ既製品の寸法に合わせた形状にする。
  5. 細かい事まで言うなら、窓やドアなどの建具数を出来るだけ減らす。

 

 総建築価格の違いは、構造仕様や住宅設備仕様などによっても大きく違います。上記の事項よりその方が大きく影響する要素かも知れません。

 

その他で住宅建築価格に影響することは、

 

長期優良住宅、フラット35Sエコ、住宅エコポイントなどの住宅性能評価を受ける事により、税金や住宅ローン金利の優遇などが受けられますが、その住宅性能評価証明書の取得にかなりの費用が掛かります。もちろん、優遇により受ける恩恵の方が大きいとは思いますが。

 また一般的には、標準仕様では全て対応出来ないことが多いので、建築価格も多少上ります

 

 私は建築を依頼する立場から建築を請け負う立場に変わり、建築業界に長く居る人々なら当たり前の事が、私には分からない事ばかりでした。なぜ、建築価格に違いが出るのかと言う疑問がありました。私がもう一度家を建てるなら、上記のような事を考慮しながら、建築を依頼します

 墨田店 竹内康夫

まずお問い合わせ下さい。お待ちしております。